くらし情報『【婚姻届に判を捺しただけですが 4話】幻想を抱くのも全てを受け入れるのも恋愛だ・ネタバレあり』

【婚姻届に判を捺しただけですが 4話】幻想を抱くのも全てを受け入れるのも恋愛だ・ネタバレあり

目次

・明葉のひと言で、2人の関係性に変化が
・温泉旅行で、美晴から意味深な言葉
・恋愛ドラマの相手役として急成長する百瀬
【婚姻届に判を捺しただけですが 4話】幻想を抱くのも全てを受け入れるのも恋愛だ・ネタバレあり

Twitterやブログでドラマの感想をつづり人気を博している、あずきごはん(@komadorama)さんによる、新連載。

TBSで始まった2021年秋の新ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』の見どころを、あずきごはんさん独自の視点でご紹介します。

自分勝手な幻想を抱き、それが崩れた時にショックを受ける。

恋愛や『推し活』など、誰かを好きになるという行為に必ずついてまわるリスクだ。

『婚姻届に判を捺しただけですが』の第4話は、このリスクが1つのテーマになっている。

明葉のひと言で、2人の関係性に変化が

「私は百瀬さんの味方です」と伝えたことで、百瀬(坂口健太郎)から友達と認定されてしまった明葉(清野菜名)。

初めての女友達に浮かれる百瀬は、明葉への態度や距離感を大きく変化させる。

友達として扱われるのが嫌な明葉は百瀬と距離を取ることを試みる。
しかし「馴れ馴れしくしてすみませんでした」としょんぼりする百瀬を見て、彼の友達になることを決意するのだった。

前回の話から、百瀬と明葉の進展を期待したのだが、そんなに甘くはなかったらしい。

急激に態度を軟化させて距離を詰めつつも、『友達』という言葉で無意識に関係に線を引く百瀬。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.