くらし情報『おでんや煮物に便利な豆知識!大根に味がしみ込む裏技』

2022年1月2日 04:30

おでんや煮物に便利な豆知識!大根に味がしみ込む裏技

目次

・大根を冷凍する方法
・冷凍した大根を調理するには
・冷凍大根の活用方法
おでんや煮物に便利な豆知識!大根に味がしみ込む裏技

冬は根菜がおいしい季節。太くて立派な大根がスーパーに並び始めます。

しかし、使いきれなかった大根を冷蔵庫入れたままにしてしまい、気付けば水分が抜けてシナシナになったりスが入ってしまってたり…。

「最後までおいしく食べられなかった」なんてことはありませんか。

一度で食べ切ることができない大根は、冷凍保存がおすすめです。

「大根って冷凍できるの!」と驚くかもしれませんが、大根の冷凍は『もったいない』を解消できるのはもちろん、料理の時短にもつながります。

早速やってみましょう。

大根を冷凍する方法

大根を冷凍保存する時は、下ゆでなどの処理は必要ありません。

下ゆでや味付けなどのひと手間が面倒で、冷凍保存に踏み切れないこともあるかと思いますが、大根は生のままの保存が可能です。

おでんや煮物に便利な豆知識!大根に味がしみ込む裏技

用途に合わせてカットし、ペーパータオルで水気を拭き取った大根を、冷凍できるジッパー付きの食品保存バッグに入れ口を閉じます。

輪切りにして冷凍する場合、大根同士が重ならないようたいらに並べましょう。くっつくことなく1つずつ冷凍されるので、調理がしやすくなります。

このまま冷凍庫へ。2週間程度、保存が可能です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.