くらし情報『【『ファイトソング』感想・2話】カシミヤのセーターのように、普通に見えて極めて上質ということ・ネタバレあり』

2022年1月21日 19:11

【『ファイトソング』感想・2話】カシミヤのセーターのように、普通に見えて極めて上質ということ・ネタバレあり

【『ファイトソング』感想・2話】カシミヤのセーターのように、普通に見えて極めて上質ということ・ネタバレあり

Twitterを中心に注目ドラマの感想を独自の視点でつづり人気を博している、かな(@kanadorama)さん。

2022年1月スタートのテレビドラマ『ファイトソング』(TBS系)の見どころを連載していきます。

かなさんがこれまでに書いたコラムは、こちらから読めます。

恋愛ドラマにおける、ヒロインの相手役ではなくて、ヒロインに片思いする二番手。

それを『当て馬』と表現するのに、ちょっとだけモヤモヤしてしまう。

「そんなに何かを当てなきゃ恋って走らないのかね」と思うけれども、ドラマとしてはストーリーの安定した展開と適宜盛り上がりのためには必要なのもわかる。

大体、マラソンだってペースメーカーがついて30キロ地点まで引っ張ったほうが好タイムが見込めるものだ。

連続テレビ小説『半分、青い』(NHK2018年)、テレビドラマ『♯リモラブ』(日本テレビ系2020年)、『オー!マイ・ボス!』(TBS系2021年)と、いわゆる魅惑の『当て馬』を多数演じてきている間宮祥太朗だけれども、個人的には『ハムラアキラ』(NHK2020年)の時のクールな管理官役が印象的だった。

出番は多くなかったが、品の良さと体温を感じさせない美しさはずっと記憶に残った。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.