くらし情報『2か月ぶりに愛車を見たら「こんなことあるぅ!?」 展開に「怖ッ!」「素晴らしい」』

2022年5月23日 18:43

2か月ぶりに愛車を見たら「こんなことあるぅ!?」 展開に「怖ッ!」「素晴らしい」

2か月ぶりに愛車を見たら「こんなことあるぅ!?」 展開に「怖ッ!」「素晴らしい」

車を持っている人の間で年々広まっている、『猫バンバン』という動作。

気温が下がると、猫は暖かい場所を求めて車のボンネットに入り込むケースがあるため、事前にボンネットを叩いて確認をする…というものです。

Twitterに投稿され、話題になったのは、猫とは別の生き物の命を救ったエピソードでした。

車のボンネットから出てきたのは…!?

鈴木尊え(@tkykszk_36)さんの愛車は、株式会社SUBARU(以下、スバル)の『レヴォーグ』。

2か月ぶりに車に乗ろうとしたところ、空気の取り入れ口の『エアインテーク』付近から、違和感を覚えたのだとか。

ターボエンジンが搭載された『レヴォーグ』シリーズのボンネットには、排熱のために大きなエアインテークがついています。

2か月ぶりに愛車を見たら「こんなことあるぅ!?」 展開に「怖ッ!」「素晴らしい」

※写真はイメージ

本来、ここから出てくるのは空気のはず。しかし、鈴木さんが目にしたのは、エアインテークから出てきた鳥の姿だったのです!

驚いた鈴木さんが中を確認したところ、そこには立派な鳥の巣が。そこで鈴木さんは、対応についてスバルに問い合わせることにしました。

2か月ぶりに愛車を見たら「こんなことあるぅ!?」 展開に「怖ッ!」「素晴らしい」

その後、鈴木さんらは、なんとかボンネットから鳥の巣を移動させることに成功。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.