くらし情報『皇族と食事をする東儀秀樹、マナー講師にズバリ 「説得力が強すぎ」「ぐうの音も出ない」』

皇族と食事をする東儀秀樹、マナー講師にズバリ 「説得力が強すぎ」「ぐうの音も出ない」

目次

・マナー講師の指摘に、東儀秀樹がズバリ
・東儀秀樹のひと言に「説得力がすごい」の声
皇族と食事をする東儀秀樹、マナー講師にズバリ 「説得力が強すぎ」「ぐうの音も出ない」

「他人に会ったら挨拶をする」といった初歩的なものから、ビジネス上の決まりまで、世の中にはいろいろなマナーが存在しています。

しかし、中にはあまりにも細かすぎるものや、真偽が疑わしいマナーも。ネット上では、たびたびマナーについて議論になります。

マナーも行きすぎれば、人々を苦しめる制約になってしまうのです。

マナー講師の指摘に、東儀秀樹がズバリ

2022年5月21日に放送されたバラエティ番組『チコちゃんに叱られる!』(NHK)での内容が、ネットで物議をかもしています。

この日、番組では食事をとろうとするスタッフに対し、マナー講師が横から指導を行うコーナーを放送していました。

「いただきます」と手を合わせながら発したスタッフに、「人と一緒の時は『頂戴いたします』っていうねん!」というなど、ズバズバと厳しい指導を行ったマナー講師。

その結果、視聴者からは「あまりにも厳しすぎるし、指導が理不尽だ」といった批判の声が続出したのです。


東儀秀樹のひと言に「説得力がすごい」の声

同月29日放送の情報番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、今回の批判について特集。

マナー講師の「人と一緒の時は『頂戴いたします』が正しい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.