くらし情報『ピーマンをこうすると… メリットに「目からウロコだ」「だいぶ効率的」』

ピーマンをこうすると… メリットに「目からウロコだ」「だいぶ効率的」

ピーマンをこうすると… メリットに「目からウロコだ」「だいぶ効率的」

​肉詰めや炒め物、​和え物など家庭料理の定番野菜『​ピーマン』。使い勝手がいいため、冷蔵庫にストックされている野菜の1つではないでしょうか。

しかし「調理前に『わた』と『種』を取るのが面倒…」と感じたことがある人も多いはず。

そこで、ピーマンの下処理の手間を省ける『あるもの』を使った裏技を試してみました。

ピーマンの下処理をスムースに行うには…

一般的な下処理は、ピーマンの先端にあるへたの部分を包丁で切り落としてから、わたと種を取り除く方法です。

しかしこの方法ではまな板やシンクにピーマンの種が散らばってしまい、洗い流す手間が発生します。

下処理を楽に行うために便利なのが、『瓶の蓋』です。


ピーマンと瓶の蓋が並んで置かれている様子

蓋をピーマンのへたに被せて、ねじるように押し込んでください。すると蓋にピーマンのへたがスポッと入ります。

ピーマンのへたに蓋を被せた様子

もしへたが蓋に入らなくても、へたの周りが完全に切れていれば問題ありません。

蓋をそのまま抜くと、ピーマンのわたと種がスポンと一気に抜けます!この方法なら種がまな板やシンクに飛び散りません。


ヘタがきれいに取れた様子

完全に空洞となったピーマンは、そのまま輪切りにしたり細切りにしたりできます。炒めたひき肉を詰めれば、『丸ごとピーマンの肉詰め』を作れるでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.