くらし情報『「どうした故障か?」 駅の改札機、封鎖されていると思ったら?』

「どうした故障か?」 駅の改札機、封鎖されていると思ったら?

「どうした故障か?」 駅の改札機、封鎖されていると思ったら?

駅に設置してある自動改札機は、メンテナンスが必要な精密機械。

故障などによって、数台ある内の1台が使用中止になっている場合があります。

しかし、時期によっては別の原因から使用中止になっていることも…。

鎌倉駅の自動改札機1台が使用NGのワケ

2024年6月8日、筆者が神奈川県鎌倉市の鎌倉駅に行った時のこと。

バスに乗り換えようと東口に向かうと、1台の自動改札機がカラーコーンで封鎖されていました。

「よくある故障かな」と思ったのですが、カラーコーンに貼り紙があって…。


改札の貼り紙の写真
改札の貼り紙の写真

6月といえば、ツバメが子育てをしている時期。

鎌倉駅の天井にツバメが巣を作ったため、真下にある自動改札機の使用を中止していたのでした!

「巣立つまで温かく見守ってください」という言葉から、鉄道会社の優しさが伝わってきますね。

天井を見てみると、ツバメは白い煙感知器に巣を作っている様子。


ツバメの巣の写真

鎌倉駅は人通りが多い場所ですが、駅の天井が高く、雑踏からかなり距離があるため、ツバメも安心して子育てできるのでしょう。

ツバメが巣立つまで20日前後。多くの人に温かく見守られて、元気に巣立ってほしいですね!

[文・構成/grape編集部]

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.