くらし情報『神社で撮影された『茅の輪くぐり』 異様な動画に「ネタ的に好き」「笑った」』

2020年6月25日 13:59

神社で撮影された『茅の輪くぐり』 異様な動画に「ネタ的に好き」「笑った」

神社で撮影された『茅の輪くぐり』 異様な動画に「ネタ的に好き」「笑った」

神奈川県で最古の神社といわれている、『有鹿神社(あるかじんじゃ)』の宮司の娘である小島実和子さんが、神社のTwitterアカウントの1つに動画を投稿。インパクトのある姿が反響を呼んでいます。

宮司を補佐する『禰宜(ねぎ)』である小島さんは、6月に行われる神事『茅の輪くぐり』に被り物をしたままで挑戦。

心身を清めて無病息災を祈願するため、張り切ってくぐりにいったのですが…。


ネギの被り物、やたらと長いな!?

神職の禰宜であることから、小島さんはこのような野菜のネギの被り物を装着。

神社で撮影された『茅の輪くぐり』 異様な動画に「ネタ的に好き」「笑った」

その上で、人が立ったまま通れるサイズが一般的な『茅の輪』の、ミニサイズ版を苦心してくぐり抜けたのでした。

動画が投稿されたのも、有鹿神社のネギ専用アカウント(@arukajinjanegi)。

ネギの要素が強い動画に、「これは今まで見た中でもかなり奇妙な類の映像」「ネタ的にすごく好き」「リンボーダンスに近いものを感じる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.