くらし情報『職人技が光る『食べられる貼箱』に「発想が素晴らしい!」』

2020年7月6日 04:30

職人技が光る『食べられる貼箱』に「発想が素晴らしい!」

職人技が光る『食べられる貼箱』に「発想が素晴らしい!」

埼玉県戸田市にある紙器制作会社『泰清紙器製作所』が、『食べられる貼箱』を作っちゃいました。

用意するものはクラッカーと春巻きの皮。こちらに職人技が加わると、目でも舌でも楽しめる『食べられる貼箱』に早変わりです。

職人技が光る『食べられる貼箱』に「発想が素晴らしい!」

『泰清紙器製作所』は1965年創業の老舗で、主に『貼箱』を中心に紙のパッケージを制作しています。

『貼箱』とは、厚紙で作った箱を上紙で包んだ化粧箱のこと。美しく高級感があるのが特徴です。

『泰清紙器製作所』の公式Twitter(@taisei1965)では、コロナ自粛でお休みの長かったゴールデンウィーク期間中に、『食べられる貼箱』の作り方を公開。

普段はアクセサリーや小物を入れるための『貼箱』ですが、『食べられる貼箱』はおかずやスイーツを入れて一緒に食べることができるのです!

『食べられる貼箱』の材料と作り方

材料:
・クラッカー
・春巻きの皮
・クリームチーズ
・溶き卵

クリームチーズにクラッカーを重ね、立方体になるように組み立てます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.