くらし情報『妊娠7か月の女性が駅で倒れた理由に、衝撃の声 「本当に危険」「地獄でしかない」』

2020年8月18日 16:15

妊娠7か月の女性が駅で倒れた理由に、衝撃の声 「本当に危険」「地獄でしかない」

※写真はイメージ

2020年8月は連日35℃を超える猛暑日が続いています。

そんな中、不安視されているのがマスク着用による熱中症。新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の予防でマスクを着用しての外出が求められていますが、顔半分を覆うマスクは、熱がこもって蒸れやすくなりがちです。

妊娠中の『マスク着用』に注意喚起

妊娠中のにらい(@UUQjfllQ68CKPia)さんは、Twitter上で暑い日のマスク着用について『あるお願い』を訴えています。

それは、「屋外でマスクをしていない妊婦を見かけても、容赦してほしい」という内容。その理由についてにらいさんは、次のようにつづっていました。

現在私は妊娠7か月ですが、マスクが暑すぎて息苦しく、酸欠と熱中症で先日駅で倒れました。

妊娠中はいろいろなトラブルがある人が多く、何もしていない状況でも内臓が圧迫されて苦しかったり、身体が重かったりします。

その中でこの猛暑の中で移動しなければいけないとなると、それだけで重労働です。

でも出かけないわけにはいかない事情も人それぞれあります。そんな中で、マスクをしろと強く注意されてしまうのはつらいです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.