くらし情報『戦友・小松政夫さんを亡くした伊東四朗 訃報を聞いた当時の心情を明かす』

2020年12月12日 19:20

戦友・小松政夫さんを亡くした伊東四朗 訃報を聞いた当時の心情を明かす

戦友・小松政夫さんを亡くした伊東四朗 訃報を聞いた当時の心情を明かす

2020年12月7日、タレントの小松政夫さんが肝細胞がんのため亡くなりました。

バラエティ番組『みごろ!たべごろ!笑いごろ!』(テレビ朝日系)などで共演していた、タレントの伊東四朗さんは同月12日に会見を開き、小松さんの死を偲んだといいます。

番組から生まれた『デンセンマンの電線音頭』では、「チュチュンガチュン、チュチュンガチュン。電線にスズメが3羽とまってさ~」と、小松さんと伊東さんたちによるおなじみのフレーズで世代を超えて多くの人に愛されました。

サンケイスポーツによると、伊東さんは小松さんを『戦友』と表現し、悲しみをあらわにしたそうです。

テレビ朝日系「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」など昭和の人気バラエティーで共演した伊東は小松さんについて「若い頃に一緒に戦った戦友」と表現。「こまっちゃん(小松さん)が死亡するというのはなかなかくっつかなかくて、(訃報に触れた)昨日は立ったまんましばらく呆然としていた。こんなことは三波伸介が亡くなったとき以来ですね」と寂しがった。

サンケイスポーツーより引用

また、伊東さんは小松さんを「異才といってもいいような人」と振り返ったといいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.