くらし情報『マリー・アントワネットの宝石、「史上最高額」41億円で落札』

2018年11月15日 15:19

マリー・アントワネットの宝石、「史上最高額」41億円で落札

(写真:Eyevine/アフロ)

(写真:Eyevine/アフロ)



イタリア時間14日、ジェノヴァのサザビースでオークションにかけられた真珠とダイヤモンドのジュエリーが、史上最高額の3,600万ドル(約41億3,200万円)で落札された。にわかには信じがたい価格だが、かつての所有者の名を聞けば合点がいくだろう。フランス革命に散った王妃マリー・アントワネットその人だ。

今回開催されたオークションは、ブルボン家の分枝の一つ、イタリアのブルボン=パルマ家所蔵の宝飾品を集めたもので、中には過去200年に渡り門外不出とされていた品も含まれている。サザビーズは「これまでに市場に出た中でも、最も重要な王室宝飾品コレクションの一つ」と位置づけ、マリー・アントワネットが所有していたジュエリーを含む100点を競売にかけた。

パールの競売史上、これまでで最高額となった3,600万ドルの値を付けたのは、ダイヤモンドのリボンの下に、巨大なナチュラルパールが揺れるペンダントヘッド。これに合わせる、3連の真珠にダイヤモンドを星形に配した金具がついたネックレスは229万5千ドル(約2億5,855万円)で落札された。同じくアントワネットが所持していたパールとダイヤモンドのイヤリングは44万3,786ドル(約5,035万円)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.