くらし情報『なぜか貯まらない“ざんねん生活”から抜け出す第一歩』

2019年7月15日 16:00

なぜか貯まらない“ざんねん生活”から抜け出す第一歩

なぜか貯まらない“ざんねん生活”から抜け出す第一歩


「無意識の習慣、そしてあふれる情報に振り回されてお金を失うことは、誰にでもありえます。最近目立つのは住宅ローン減税を利用した頭金の運用。お得という言葉に踊らされ、軽い気持ちで始めて失敗する人が多いです。人生100年時代、お金についての知識不足は命取りになりかねません」

家計再生コンサルタントの横山光昭さんはこう警鐘を鳴らす。今年6月には金融庁が、夫婦の老後の生活費用として公的年金に加えて2,000万円が必要だとする試算を発表。年金だけに頼れないという現実の前に、家計を見直さなくてはという焦りは募るが……。

「資産を増やそうと慌てて投資を始める前に、まずは日々の支出を振り返ってみることが必要。そして、そのためにはそれぞれの支出が、『消費』『浪費』『投資』のどれに当てはまるかを分類することが有効です」

消費は、食費や住居費、日用品など生活するのに必要だが、生産性はあまり伴わないもの。浪費は、いわゆる無駄遣い。嗜好品や度を超えた買い物など、生活に必要なく、今を楽しむだけの出費だ。投資は、習い事や貯金、投資信託など、必ずしも必要ではないが将来役に立つ生産性の高い出費を指す。たとえばワンランク上の仕事への転職を目指すためのものなら、書籍なども投資だと言える。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.