くらし情報『メーガン妃の兄 家族不和の仲裁を女王と皇太子に要請』

2019年7月29日 18:06

メーガン妃の兄 家族不和の仲裁を女王と皇太子に要請

洗礼式の写真にはメーガン妃の母ドリアの姿が。マークル家の人々はここに加わりたくて仕方がないようだ (写真:代表撮影/ロイター/アフロ)

洗礼式の写真にはメーガン妃の母ドリアの姿が。マークル家の人々はここに加わりたくて仕方がないようだ (写真:代表撮影/ロイター/アフロ)



今やタブロイド紙の常連となった英王室メーガン妃の”実家”の面々。父親、姉に加え、今度は兄がミラー紙のインタビューに登場し、エリザベス女王とチャールズ皇太子に、家族問題への介入を要請した。

トーマス・マークルJr.(53)は姉のサマンサと同じく、メーガン妃の異母兄妹。結婚前から、父は良い父親像を印象付けるために“やらせ写真”をゴシップ誌に撮らせたり、サマンサは暴露本を出版したりとメーガン妃の足を引っ張り続け、結婚式に母親以外の親族は一切招待されなかった。アーチーの出産時も母親のみが付き添い、父方の親族とは断絶状態が続いている。

この状況を憂えたトーマス・マークルJr.はMirror Newsのインタビューでこう語った。

「彼女も今や母親。大人になって、家族の大切さを理解してほしいと思っています。女王はこの件に介入して、メーガンに父と家族に対し償いをするよう言い聞かせるべきです。チャールズもだ。『その態度は間違っている』とメーガンに言うべきですよ。さもなくば、彼女の人生に問題が起こり続けるだけでしょう」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.