くらし情報『女王・米倉涼子の仰天おもてなし 3万円バスローブを自腹贈呈』

2019年8月29日 06:00

女王・米倉涼子の仰天おもてなし 3万円バスローブを自腹贈呈

舞台の打ち上げ直前にホテルで差し入れを購入する米倉。

舞台の打ち上げ直前にホテルで差し入れを購入する米倉。



8月18日昼すぎ。艶やかな黒いノースリーブ姿で、さっそうと東京・渋谷の劇場から出てきたのは米倉涼子(44)だ。この日、主演ミュージカル『CHICAGO』の千秋楽を迎えた米倉。出番を終えた彼女がお忍びで向かったのは、都内にある高級ホテルだった。米倉が再び姿を現したのはそれから約20分後。その手には大きな紙袋が握られていた――。

「米倉さんは夜から始まる打ち上げの前に、共演者やスタッフへのプレゼントを買っていたそうです」(舞台関係者)

豪華な品物を贈ることから“差し入れ女王”として知られる米倉。本誌もその強者ぶりを目撃している。16年には、主演ドラマ『ドクターX』(テレビ朝日系)の撮影現場に総額150万円にもなる銀座千疋屋の高級メロンを提供。共演者を驚かせていた。そんな米倉は、千秋楽の前日にも“戦友”への餞別を準備していたという。

「いきつけのタオルブランド店『カシウエア』で、米倉さんはバスローブを8枚購入していたそうです。大切な人には必ずここのタオルなどをプレゼントしており、米倉さんはかなりの上顧客だといいます。今回購入したバスローブは1枚約3万円以上の高級品です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.