くらし情報『森昌子、芸能界引退へ「引退後はのど自慢で鐘を鳴らしたい」』

2019年12月24日 06:00

森昌子、芸能界引退へ「引退後はのど自慢で鐘を鳴らしたい」

森昌子、芸能界引退へ「引退後はのど自慢で鐘を鳴らしたい」


「私は、決して歌手になりたかったわけではありません。でも、作家やスタッフ、時代に恵まれたおかげで、気づいたら48年。大した能力も根性もない私は、みなさまに作っていただいた歌手です。とても恵まれた歌手人生でした」

そう語るのは、年内の活動を最後に芸能界から引退する森昌子(61)。’71年に『スター誕生!』初代グランドチャンピオンとなり、13歳でデビュー。山口百恵、桜田淳子とともに“花の中三トリオ”で国民的にスターに上り詰めた10代をこう振り返る。

「休みもなく年に4枚のシングルとアルバムを出すようなスケジュール。本気で歌うことについて考えたのは高校を卒業するころでした。“このまま歌手として生きていくのか?”を自問自答し、恵まれた環境にいるんだと気づいて。歌に向き合うことを決めてから、27歳のときに結婚で引退するまで、森昌子のために用意してもらった曲を一生懸命歌ってきました」

復帰は20年後のことだった。

「離婚して家族を養うためにできることは、歌うことしかなかったんです。でも、若いころと同じように歌えると思っていたのが甘かった。使っていなかった声帯はひどく衰え、思うような声が全くでないことに本当に苦しみました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.