くらし情報『宍戸錠さん 86年の豪快人生…本誌に語っていた“最後の目標”』

2020年1月22日 18:08

宍戸錠さん 86年の豪快人生…本誌に語っていた“最後の目標”

宍戸錠さん 86年の豪快人生…本誌に語っていた“最後の目標”


俳優の宍戸錠さんが亡くなったと1月21日に発表された。86歳だった。各メディアによると死因は病死とみられているという。

宍戸さんは54年、8,000人の応募の中から第1期日活ニューフェースに合格。映画「警察日記」でデビューを果たした。「渡り鳥」シリーズなどの殺し屋役で話題となり「エースのジョー」という愛称で広く親しまれることに。そのいっぽう「くいしん坊!万才」(フジテレビ系)でリポーターを務め、バラエティーでも活躍した。

名優ぶりはもちろんのこと、宍戸さんはその豪快さでも常に話題の的。女性関係も奔放だった。そういった性格から90年3月に息子の宍戸開(53)と小林聡美(54)の熱愛が報じられた際、本紙の取材に対し「ガールフレンドは何人もいたほうがいい。そんなに急いで恋人なんてきめつけないで、いろんなやつと付き合ってほしいんだな」「ただ、女にかまけて仕事をルーズにだけはしてほしくない」と“宍戸節”でエールを送っていた。

「激しい女性関係でしたが、妻・游子さんのことを一番愛していました。10年4月に游子さんが亡くなった際、宍戸さんは棺を開けてキスしたそうです」(宍戸さんの知人)

宍戸さんの晩年には2つのターニングポイントがあった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.