くらし情報『有観客要望、広島でもVIP待遇…バッハ会長に「傍若無人」と爆発寸前』

2021年7月17日 11:00

有観客要望、広島でもVIP待遇…バッハ会長に「傍若無人」と爆発寸前

(写真:アフロ)

(写真:アフロ)



「感染状況が改善したら、観客を入れることも考えてほしい」

7月14日、こう述べたのはIOCのトーマス・バッハ会長(67)。各メディアによると菅義偉首相(72)との会談で、7月23日に開幕する東京五輪について有観客での開催を要望したというのだ。

バッハ会長は、4度目となる緊急事態宣言の発令が決定した7月8日に来日。3日間の隔離期間を経て、本格的に活動しているが“自由すぎる言動”が物議を醸している。

「入国時から到着ロビーを通らずに、送迎車でホテルに直行するなど“VIP待遇”でした。宿泊先も5つ星ホテルの『The Okura Tokyo』で、警備も厳重。厚待遇を辞退するといったこともしないバッハ会長には、新型コロナの影響で生活苦に陥っている国民や日々治療に追われている医療従事者たちの気持ちに寄り添うといった姿勢は感じられません」(全国紙記者)

来日初日に行われた政府や組織委員会、IOCなどによる5者協議では、感染拡大防止を目的に東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県で東京五輪の無観客開催で合意。その後、北海道、福島でも無観客が決定された。

いっぽうでバッハ会長が、「緊急事態宣言とはどういうものなのか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.