くらし情報『大久保利通の子孫に、元民主党の期待の若手…岸田新内閣の素顔』

2021年10月14日 11:00

大久保利通の子孫に、元民主党の期待の若手…岸田新内閣の素顔

(C)JMPA

(C)JMPA



岸田新内閣では、初入閣が20人中13人と、6割超を占めた。最年長は77歳、最年少が44歳。女性は3人だけだが、中堅、若手議員を多く登用したことで、見た目だけは「老壮青」のバランスが取れているようにも思える。

だが、安倍元首相の実弟・岸信夫防衛相が留任したほか、麻生太郎副総裁の義弟・鈴木俊一財務・金融相が、義兄と入れ代わりで就任するなど、相変わらず世襲議員が内閣のほぼ半数を占めている。

さらに、“顔と名前が一致しない小粒が多すぎる”といった声も少なくない。そこで、本誌は取材をもとに、岸田首相を含む新閣僚21人のプロフィールを紹介。

【総理】岸田文雄(64)/衆院広島1区、当選9回

あだ名は“キッシー”。人柄は温厚でマジメで、政界きっての酒豪として有名だが、発信力不足との指摘も。外相を4年半務めた。

【総務】金子恭之(60)※初/衆院熊本4区、当選7回

無所属を経て自民党入り、当選7回で初入閣の苦労人。水俣病やハンセン病などの問題に取り組んできた。趣味はウオーキング。

【財務・金融】鈴木俊一(68)/衆院岩手2区、当選9回

父は鈴木善幸元首相、義兄は麻生前財務相という政界のサラブレッド。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.