くらし情報『松本人志「魂は年を取らない」錦鯉・長谷川を優勝に導いた“金言”に広がる感動』

2021年12月20日 19:06

松本人志「魂は年を取らない」錦鯉・長谷川を優勝に導いた“金言”に広がる感動

松本人志「魂は年を取らない」錦鯉・長谷川を優勝に導いた“金言”に広がる感動


12月19日に開催された漫才日本一決定戦『M-1グランプリ2021』(テレビ朝日系)。過去最多となる6,017組がエントリーし、その頂点に輝いたのは結成9年目の「錦鯉」だった。

「決勝では“合コンの予行練習”の漫才を披露しました。長谷川さんが20代と合コンするジェネレーションギャップに焦点を当てたネタは、会場の爆笑をさらいました。最終決戦で披露したのは、市中に逃げた猿を捕獲する漫才。終盤に向けて畳みかけるような掛け合いは、ライバルのオズワルド、インディアンスに劣らない勢いを見せつけていました」(テレビ誌ライター)

錦鯉はソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)所属で、’07年に優勝したサンドウィッチマン以来、吉本興業以外から輩出された王者となった。だが最も注目を集めたのは彼らの年齢で、ツッコミ担当の渡辺隆は43歳、ボケ担当の長谷川雅紀は50歳だ。

50歳で「M-1」の頂点に立つという快挙は、長谷川が史上初めて。そのため、視聴者からは「中年の星」との呼び声も上がっている。

優勝が決まった瞬間、渡辺と抱き合いながら号泣した長谷川は「諦めないでやってきて良かった。僕はラストイヤーが56歳だったので、今年で決められてよかった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.