くらし情報『目が見えない夫婦の子育て 家族でかけあうたくさんの「ありがとう!」』

2022年6月26日 06:00

目が見えない夫婦の子育て 家族でかけあうたくさんの「ありがとう!」

食卓を囲む大胡田さん家族

食卓を囲む大胡田さん家族



【前編】全盲の弁護士と音楽家の夫婦子どもたちの笑顔は心に映ってから続く

夫婦それぞれに「もし、目が見えたら何を見てみたいですか?」と尋ねた。

「子どもたちの顔が見たい」

こう即答したのは誠さん。いっぽうの亜矢子さんは、

「私ももちろん子どもたち。

でも、私は幼いころから鏡を見るのが夢だったので、まずは鏡かなぁ」

そしてふたたび、大胡田家。

「今日のお肉、おいしいね〜」

食卓からは、子どもたちのうれしそうな声が聞こえてくる。

「今日は取材があるから奮発したんだ、やっぱり和牛は違うよね」

こう言って笑う誠さん。亜矢子さんも「うん、おいしい」と器用にナイフで切り分けた肉を、フォークで口に運んでいる。

ここで記者は、子どもたちに最後の質問をした。「もし、パパとママの目が見えたら、何を見せてあげたい?」と。

響くんは、照れくさいのか声に出さずに自分で自分の顔を指さしてみせた。

そんな弟を見て、こころさんは、「私も同じかな。あ、あと鏡、鏡を見せてあげたい」

■子どもたちも自分のことはできるようになりましたし、私たちを手助けしてくれる場面も

誠さんと亜矢子さん、ふたりはともに全盲の夫婦だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.