くらし情報『息をのむ美しさ…奥入瀬「氷瀑」を見る旅に行ってきた』

2018年1月20日 16:00

息をのむ美しさ…奥入瀬「氷瀑」を見る旅に行ってきた

image


寒ければ寒いほど、美しくなる場所がある。“寒いから行かない”ではなく、“寒いからこそ行きたい”目的地があるのだ。

「氷結した滝、氷瀑を見たことはありますか。冬の奥入瀬渓流は大迫力の氷瀑をはじめ、雪化粧した渓流はどこも息をのむ美しさです」

そう教えてくれたのは、年の多くを旅先で過ごす旅ジャーナリスト・のかたあきこさん。東北屈指の景勝地である青森・奥入瀬渓流は、国立公園に指定されている。その園内唯一の宿「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」が、今冬から9年ぶりに冬の営業を再開したという。

旅の達人をして“息をのむほど美しい”と言わしめる冬景色……これを見ない手はナシ!

記者はのかたさんとともに一路、青森へと向かった。

東京駅から新幹線に乗り、昼前にJR「八戸」駅に到着。八戸駅から宿の送迎バスに揺られ、1時間強。今回の滞在先「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」に荷物を預けたあとは、ホテル至近の「奥入瀬ランプ工房」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.