くらし情報『ナイロン100℃ 結成30周年記念公演第2弾『江戸時代の思い出』開幕』

ナイロン100℃ 結成30周年記念公演第2弾『江戸時代の思い出』開幕

『江戸時代の思い出』より 撮影:引地信彦

撮影:引地信彦



劇作家・演出家ケラリーノ・サンドロヴィッチが率いる劇団ナイロン100℃の結成30周年記念公演第2弾『江戸時代の思い出』が、東京・下北沢 本多劇場にて6月22日(土) に初日を迎えた。

劇団公演では初となる時代劇に挑んだ本作。江戸時代のとある日。武士之介(三宅弘城)と名乗る男が、偶然通りかかった徳川家家来の桂川人良(大倉孝二)を呼び止め、話しかけるところから物語は始まる。「拙者の思い出話を聞いてはくれぬか」と人良に頼み込む武士之介。その話とは《思い出》を超えた、想像もつかないものだった。


ナイロン100℃ 結成30周年記念公演第2弾『江戸時代の思い出』開幕


第1幕の序盤から絶え間なく押し寄せるナンセンスな笑いの応酬。みのすけ、犬山イヌコ、峯村リエをはじめとする劇団員たちの心地良い掛け合いが続く中、物語はあらぬ方向へと展開し、気がつけば観客は不思議な《思い出》の中へといざなわれていく……。

作品を彩るゲストには4人の豪華俳優陣が参加。物語のキーマンとして随所で存在感を放つ池田成志。坂井真紀は劇団本公演への出演が4作目ながら、初めてのナンセンスコメディで新たな一面をのぞかせた。奥菜恵は“いじわる”な性格の茶屋娘役でかわいい毒っ気を物語全体にもたらし、そしてKERA作品には欠かせない俳優のひとりである山西惇はいくつもの異なる役を演じ、変幻自在な表現力の高さで観客を魅了した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.