くらし情報『奥田民生が「たったひとり」で描く無限の開放感 有観客&生配信の『ひとり股旅 2020』最終日レポート』

2020年11月26日 19:00

奥田民生が「たったひとり」で描く無限の開放感 有観客&生配信の『ひとり股旅 2020』最終日レポート

Photo by Kenji Miura


「今日はみなさま、たくさん来ていただきまして、ありがとうございました!今回はいろいろなことがありまして──もともとは今日のZeppも、本当は別のツアーをする予定でしたが、まあこんなことになったので、弾き語りでやっております。まあでも、何と言うか、できてよかったです!」……11月25日、Zepp Tokyo。アコースティックギターを抱え、舞台上にひとり佇む奥田民生の飾らない言葉は、「困難な時代に対峙するがゆえの複雑な想い」と「それでもオーディエンスを目の前にしてライブを開催できる喜び」とを、実にリアルに物語っていたのが印象的だった。

1998年の初開催以来、バンド編成のアクトとともに奥田民生のライブの定番スタイルとなっている、たったひとりの弾き語りワンマンライブ=『ひとり股旅』。終わりの見えない新型コロナウイルス感染拡大の影響により、ライブ活動が軒並み中止・延期や規模縮小、あるいは無観客での開催を余儀なくされてきた2020年の状況の中、今回のツアー『ひとり股旅 2020』全6公演は全公演着席&ソーシャルディスタンスを実現した上で、有観客&LINE LIVE-VIEWING生配信という形での開催の運びとなった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.