くらし情報『テーマは「火(ignis)と水(aqua)」 展示『東京大壁画』よりロゴマークとキービジュアル発表』

2021年5月31日 10:45

テーマは「火(ignis)と水(aqua)」 展示『東京大壁画』よりロゴマークとキービジュアル発表

『東京大壁画』


『東京大壁画』が7月17日(土)から9月5日(日)まで、東京・丸ビルと新丸ビルで開催される。この度、本展よりロゴマーク及びキービジュアルが発表となった。

『東京大壁画』は東京都と公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京が主催する「Tokyo Tokyo FESTIVALスペシャル13」のひとつであり、株式会社ドリルが企画制作を手がけている。当企画では2021年夏の東京・丸の内において、アーティストの横尾忠則と横尾美美を起用し、丸の内ビルディング(以下、丸ビル)・新丸の内ビルディング(以下、新丸ビル)の壁面を一対のキャンバスに見立て総面積7,000平方メートル以上の巨大壁画アート2作品を展示するもの。

コンセプトは「宇宙 COSMO POWER」。宇宙生命の大きなうねり=エネルギーを表現すべく、丸ビルの壁面(総面積3,371平方メートル)には“火(ignis)”をテーマとした横尾美美の作品が、新丸ビルの壁面(総面積4,381平方メートル)には“水(aqua)”をテーマとした横尾忠則の作品が展示される。

ふたりが手掛けた巨大な絵柄をそれぞれ100枚以上に分割し、1枚あたり約3平方メートルにシート化。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.