くらし情報『新生・PARCO劇場に『ラヴ・レターズ』スペシャル版が登場』

2020年2月11日 00:00

新生・PARCO劇場に『ラヴ・レターズ』スペシャル版が登場

左から松重豊、大竹しのぶ


渋谷PARCOの建替えのための休館を経て、先日1月24日に『志の輔らくご ~PARCO劇場こけら落とし~』でお目見えした新生・PARCO劇場に、同劇場のレパートリー作品が『ラヴ・レターズ ~こけら落としスペシャル~』として登場。ひと組の男女の往復書簡でつづる朗読劇を、豪華キャストで上演する。

1990年以来、2019年までの29年間、495回の上演を重ねてきた『ラヴ・レターズ』。2020年は初演から30周年となり、公演回数が500回となる。記念ずくめの今回、顔を揃えたのは実に華やかな面々だ。

まず初日の2月12日(水)は、飄々とした存在感で作品に安定感を与える松重豊と、節目節目で『ラヴ・レターズ』に出演してきた常連・大竹しのぶ。2月16日(日)は、ミュージカル界における永遠の貴公子・井上芳雄と、歌手・声優・俳優として絶大な人気を誇る坂本真綾。2月21日(金)では、ベテラン舞台俳優であり、近年は映像作品にも引っ張りだこの市村正親と、大女優として変わらぬ輝きをみせる草笛光子。2月23日(日・祝)は、映画『万引き家族』など俳優としての活躍も目覚ましいリリー・フランキーと、若手女優としての成長著しい橋本愛。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.