くらし情報『終わりが告げた新たな始まり。UVERworldが示した配信ライブの新たな可能性』

2020年6月9日 18:00

終わりが告げた新たな始まり。UVERworldが示した配信ライブの新たな可能性

UVERworld「20 & 15 ANNIVERSARY LIVE」


新型コロナウイルス感染症が世界中に蔓延し、現在も多くのライヴハウスは営業を自粛、アーティストは予定していた公演の中止、または延期を余儀なくされている。いつこれまでの日常が戻るかもわからない現状で、これはエンタテインメント業界全体において由々しき事態であり、様々なアーティストが試行錯誤をしている中、6月6日に結成20周年を迎えたUVERworldがPIA LIVE STREAMにて「20 & 15 ANNIVERSARY LIVE」と題してファンクラブ会員限定の配信ライブを行った。

2月下旬と3月のツアーの延期を発表した彼らにとっては約3ヵ月ぶりのライブ。おなじみのSE「UNSER」からTAKUYA∞(Vo)のステージインとともにモノクロだった画面に色が付く様はまるで止まっていたUVERworldの時間が再び動き出したことを表すようだ。溜まった鬱憤を爆発させるように「Don’t Think.Feel」でライブをスタートさせ、「stay on」では普段スクリーンに映している映像をステージの床に映し、それを俯瞰で撮影することで演奏するメンバーと映像を一緒に見せるという配信ライブならではの演出を見せてくれた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.