くらし情報『『夜、ナク、鳥』へのオマージュ『さなぎの教室』開幕』

2019年8月29日 00:00

『夜、ナク、鳥』へのオマージュ『さなぎの教室』開幕

『さなぎの教室』


2009年、48歳の若さでこの世を去った劇作家・演出家の大竹野正典。『山の声』『埒もなく汚れなく』など、死後10年経った今も彼の残した作品は愛され続けている。なかでも『夜、ナク、鳥』は岸田國士戯曲賞の最終選考に残ったり、OMS戯曲賞の佳作を受賞したりと評価の高い作品。昨年にも瀬戸山美咲の演出で上演され、読売演劇大賞優秀作品賞を受賞した。

オフィスコットーネプロデュース〈大竹野正典没後10周年記念公演〉の一環として、この『夜、ナク、鳥』を再構築した新作『さなぎの教室』が本日8月29日より東京・駅前劇場にて上演される。題材となっているのは、かつて実際に起こった、看護師4人による保険金連続殺人事件。人を救う仕事である看護師たちが、夫を殺害したという衝撃的な事件だ。

大竹野の作品をもとに新たな物語を紡ぎ出すのは、〈小松台東〉の松本哲也。宮崎弁の会話劇で人の心の小さな揺れを細やかに描く松本。実際の事件は福岡で起こったものだが、今回の作品も宮崎弁で上演されるという。その「言葉」の変化が新鮮な効果をもたらすかもしれない。

今回、松本は大竹野の物語を再構築し、「その後の物語」を描くという。事実と、すでにある戯曲とを重ね合わせ、どんな形で2019年の舞台に蘇らせるのだろう。

文:釣木文恵

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.