くらし情報『平間壮一×東啓介、“地元の友達のような”ふたりが語る『イン・ザ・ハイツ』』

2021年3月13日 09:00

平間壮一×東啓介、“地元の友達のような”ふたりが語る『イン・ザ・ハイツ』

東啓介(左)×平間壮一 撮影:源賀津己

撮影:源賀津己



NYのヒスパニック・コミュニティに生きる人々の人間模様をラテンのリズムに乗せて描く、2008年のトニー賞受賞ミュージカル『イン・ザ・ハイツ』。その日本版の7年ぶりとなる再演で、主人公ウスナビ役に平間壮一が、その幼馴染のアフリカ系青年ベニー役に東啓介がそれぞれ挑む。稽古場のふたりを直撃すると、“なかなかないほど最高のカンパニー”がすでに立ち上がっているようで……?

初対面の時から空気感が合っていた

――まずはご出演が決まった時の、“楽しみだったポイント”と“不安だったポイント”をお聞かせください。

平間楽しみだったのは、ラップができることですね。自分がずっと触れてきた文化なので。
東あ、そうなの?
平間うん、ダンスとかのストリート文化っていう意味で。ラップ自体も、“やっていた”とまでは言わないけど、役者になる前、自分で韻を踏んだ歌詞を書いていた時期もあって。
東へ~、だからうまいんだ。壮ちゃんのラップ、マジでカッコイイっす!
平間やったー!(笑) 不安だったのは、MicroさんとWキャストだってこと。Def Techは憧れのアーティストさんだったから、同じ役っていうのはやっぱりプレッシャーでした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.