くらし情報『ルーベンス、クラーナハなど名匠の油彩画と磁器が共演!『ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展』』

2019年10月19日 00:00

ルーベンス、クラーナハなど名匠の油彩画と磁器が共演!『ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展』

中央:ウィーン窯・帝国磁器製作所 ヨーゼフ・ガイアー《金地花文クラテル形大花瓶》 1828年頃


Bunkamura ザ・ミュージアムで開幕した『建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展』では、世界で唯一、君主である侯爵家の家名が国名となっている小国リヒテンシュタインの個人コレクションから選りすぐられた油彩画や陶器約130点が、12月23日(月)まで展示されている。

リヒテンシュタインは、スイスとオーストリアにはさまれた小国。神聖ローマ帝国でハプスブルク家に仕えていたリヒテンシュタイン家のカール1世が、1608年に侯爵の地位を授与され、その領地は1719年に侯国として成立。以来300年の間、爵位と領地を守り続けているという。

代々美術品の収集活動に力を入れてきた侯爵家は、現在までに約3万点にも及ぶ世界屈指の個人コレクションを形成。その華麗さは宝石箱に例えられ、世界の注目を集めている。

同展では、そんな侯爵家秘蔵のルーベンス、ヤン・ブリューゲル(父)、クラーナハ(父)を含む北方ルネサンス、バロック、ロココを中心とする油彩画と、ウィーン窯を中心とする優美な陶磁器を合わせて約130点が、全7章構成で紹介される。

第1章「リヒテンシュタイン侯爵家の歴史と貴族の生活」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.