くらし情報『下北沢に紫テントが出現! 令和の時代にこそ観たい「アングラ演劇」の雄 新宿梁山泊『唐版 犬狼都市』開幕』

2020年11月14日 07:00

下北沢に紫テントが出現! 令和の時代にこそ観たい「アングラ演劇」の雄 新宿梁山泊『唐版 犬狼都市』開幕

新宿梁山泊『唐版犬狼都市』チラシ


役者・演出家の金守珍(きむ・すじん)を中心に、1987年から活動する劇団「新宿梁山泊」の意欲作『唐版犬狼都市』が11月14日(土)に開幕する。

日本の演劇界に失われつつある「物語(ロマン)の復権」を目指す彼ら。その劇世界は実に圧倒的で、観客はしばし別世界に飲み込まれる。今回、その没入感の一翼を担うのは「テント」である。公演期間だけ突如現れるテントの中で、夜な夜な繰り広げられる濃密な物語。芝居は、テントに足を踏み入れる瞬間から、すでに始まっている。

今回、彼らが根城とする「紫テント」が立てられるのは、再開発が盛んな「下北沢線路街」だ。選ばれた作品は、1979年に状況劇場が初演した『唐版犬狼都市』。かつて演劇界を席巻した「アングラ演劇」の熱い息吹を、令和の現代に引き継ごうとする高い志が透けて見える。

東京都大田区の地下にある、「犬田区」という幻想都市。大田区と、「しゃべる犬」がいる地下の犬田区は、地下鉄の暗い空洞を通して自在に行き来できるという。地下鉄工事で行方不明になった「あの人」の遺体をさがすメッキーという女は、背中に形見のような「ヒモでくくりつけられた爪跡のあるコンクリのかたまり」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.