くらし情報『主演・小松菜奈、監督・エドモンド・ヨウ 吉本ばなな初期の名作『ムーンライト・シャドウ』映画化決定』

2021年5月12日 14:00

主演・小松菜奈、監督・エドモンド・ヨウ 吉本ばなな初期の名作『ムーンライト・シャドウ』映画化決定

『ムーンライト・シャドウ』 (c)2021映画『ムーンライト・シャドウ』製作委員会

(c)2021映画『ムーンライト・シャドウ』製作委員会



吉本ばななの初期の名作『ムーンライト・シャドウ』が小松菜奈主演、エドモンド・ヨウ監督で映画化、今秋に公開されることが分かった。

吉本ばななは、1989年の著書『TUGUMI』(1989年・山本周五郎賞受賞)と『キッチン』で年間ベストセラーの1位と2位を独占、平成最初のベストセラー作家となった。それ以後も多くの人気作品を発表、美しく詩的な文章とその独特な世界観で、日本のみならず海外のファンも多い。

その中でも特に『キッチン』は世界30か国以上で翻訳され、発売から30年以上経った今でも世界中の人々に愛されている。この中に収録されている短編小説が『ムーンライト・シャドウ』だ。この作品は1987年に吉本ばななが大学の卒業制作として発表し、日本大学芸術学部長賞を受賞、そして翌1988年に泉鏡花文学賞も受賞したもの。

吉本自身も「初めて他人に見せることを前提に書いた思い出深い小説」と語り、手に取った者を物語の圧倒的パワーで強烈に引き寄せて心を揺さぶり、胸を熱くし、ファンの中では初期の名作との呼び声も高い。

物語は突然訪れる恋人の死をなかなか受け入れることができない、さつきの一人称の視点で描かれる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.