くらし情報『「ふんどし」に「カラス」!? 聞いて仰天「選挙の(秘)ギョーカイ用語」』

2014年1月15日 08:00

「ふんどし」に「カラス」!? 聞いて仰天「選挙の(秘)ギョーカイ用語」

「ふんどし」に「カラス」!? 聞いて仰天「選挙の(秘)ギョーカイ用語」
「ふんどし」に「カラス」!?聞いて仰天「選挙の(秘)ギョーカイ用語」
最近のニュースで、話題のキーワードは「選挙」ですよね。
東京都知事選をはじめ、参議院選、衆議院選など、選挙となると世の中はたいてい“お祭り騒ぎ”となりますが、実はその「祭りの中心部=候補者の選挙事務所」では、耳を疑いたくなるようなオモシロ業界用語が日々飛び交っているのです!ここでは、シティリビングWeb編集部が実際にいくつかの選挙事務所で実際に働いていた人を取材した中から、その代表的なものを紹介します。
一般にはあまり知られていないので、オフィスのランチタイムや飲み会でうんちくを披露するもよし、普段共通の話題がないオジサマ上司との「会話のネタ」としても使えるかも!?
●「カラス」が鳴くと、女性の票がのびる!?カラスっていったい!?
選挙カーの中からにこやかに手を振る「ウグイス嬢」には、その男性版も存在します。それを「カラス」と呼んでいます。カラスが出動するのは、「民家がまばらな郊外」や「昼間の団地」などを巡るときが多いとか。なるほど、男性は声が遠くまで通るので地方では重宝されそうですね。
しかし「昼間の団地」で出動するのはなぜでしょうか?実は、「広い範囲になればなるほど(若い)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.