くらし情報『猫100匹殺し犯人は不起訴濃厚?なぜなのかを弁護士が解説』

2019年7月23日 20:02

猫100匹殺し犯人は不起訴濃厚?なぜなのかを弁護士が解説

目次

・重罪が望まれているが…
・本当に不起訴が濃厚なの?
・今後の厳罰化を望みたい
猫100匹殺し犯人は不起訴濃厚?なぜなのかを弁護士が解説


富山県で、50代の男性が飼い猫などを盗み、虐待を加えたうえ殺した挙げ句、投げ捨てるという信じ難い事件が発生。

男の携帯電話には「猫を殴る」「猫を蹴る」などと検索履歴が発見されており、そのような扱いをしていたようです。

男は「50匹から100匹程度殺した」「せっかく苦労して捕まえたのに、すぐ死んでしまったら面白くないから、水しか与えず、ニャンニャン鳴くのを聞いて楽しんだ」と話しており、その鬼畜すぎる性格に怒りの声が殺到。

もちろん、逮捕され、動機については「1人暮らしのストレスから気晴らしにやった」と答えています。

重罪が望まれているが…

動物をなぶり殺すことで自己のストレスを解消するという許しがたい事件に、ネット上では

「重罪にしてもらいたい」
「100匹は異常。死刑でもいいくらい」

という声が上がっています。

多数の猫の命を身勝手な理由で奪ったとなれば、重罪を望むのは当然です。

しかし、一部の法律に詳しい人々からは「不起訴になるのでは」という声があります。

猫に対し殴る、蹴るなどしたほか、熱湯をかける、ゲージに入れて金属の棒で叩くなどしていたと言われる容疑者の男。

許せない気持ちは皆一緒のはずですが…。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.