くらし情報『換気扇を回しているのに料理のニオイが部屋に…→エアコンの方が吸気が強いかも!?』

2018年3月30日 18:00

換気扇を回しているのに料理のニオイが部屋に…→エアコンの方が吸気が強いかも!?

換気扇を回しているのに料理のニオイが部屋に…→エアコンの方が吸気が強いかも!?

エアコンは年々その性能がアップし、昔のものと比べると強力な冷暖房能力で、即座に部屋を暖めたり冷やしたりしてくれます。一方で性能が上がったことによって、換気扇よりも送風力が強くなってしまって、キッチンのニオイがリビングに広がってしまうということも…。エアコンと換気扇の風力とニオイの関係についてまとめます。

●換気扇は大きさで、エアコンは畳数で風量が激変

換気扇の性能というのは、あまり意識したことのある人はいないと思いますが、風を送る能力は換気扇によって大きく異なります。一般的に使われるサイズで最も小さい直径15cmの羽のものだと1時間に330立方メートルの風を送れる程度の風量を持っています。これが20cmになると510程度、25cmになると860程度にまで風力が増えます。

一方でエアコンは対応する畳数で風力が変化し、エアコンの機種にもよりますが6畳向けで最大720程度、8畳向けで770、10畳向けになると830程度まで風力が上がることになります。

●オープンキッチンは注意!

もっとも、この数値がエアコンが大きいからといって、換気扇が役に立たなくなるということはなく、エアコンの最大風量は電源をつけた直後などの一時的なもので、風量が手動設定になっていない限りは、通常時は半分程度になるものがほとんどです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.