くらし情報『シンガポール最大の美術館「ナショナル・ギャラリー・シンガポール」オープン』

2015年11月6日 03:00

シンガポール最大の美術館「ナショナル・ギャラリー・シンガポール」オープン

マリーナ地区で一際目を引く巨大でクラシカルな建物は、2015年11月24日にオープンを控える「National Gallery Singapore(ナショナル・ギャラリー・シンガポール)」。かつて政府機関が入っていたこの歴史的建造物は、大規模な改装を経て、現代美術を集約した膨大なコレクションを有するシンガポール最大の近代美術館に生まれ変わる。開館に際し企画されるアートイベントや、無料開放期間も見逃せない。

シンガポール最大のモダンアートミュージアム
シンガポール最大の美術館「ナショナル・ギャラリー・シンガポール」オープン

©National Gallery Singapore

かつて旧市庁舎と最高裁判所が入っていたこの歴史的建造物の美術館への構想が発表されたのが2005年。2011年に改装工事がスタートし、ついに2015年11月末、東南アジア最大の現代美術館として生まれ変わる。伝統的な建物の特徴はそのままに、コンテンポラリーな要素も取り入れた新しい建築デザインは、この美術館の最大の魅力の一つ。
全8,000点もの作品を有する同館は、64,000㎡の広さを誇り、2つの常設展示には19世紀から20世紀のシンガポール国内外のモダンアートを集約。絵画はもちろん、彫刻、版画、写真、映像など幅広い芸術作品を展示する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.