くらし情報『「予て」って何て読む…?社会人なら知っておきたい《漢字の読み方》まとめ』

2021年6月15日 19:00

「予て」って何て読む…?社会人なら知っておきたい《漢字の読み方》まとめ

「予て」って何て読む…?社会人なら知っておきたい《漢字の読み方》まとめ


社会人なら知っておきたい、漢字の読み方を4つご紹介します。「予て」という漢字は、なんと読むかわかりますか?「よて」ではありませんよ。今回は、ビジネスシーンでよく使われている漢字をピックアップしました。いくつ読めるか挑戦してみてくださいね。

予て=かねて「予て」は「かねて」と読みます。「前もって・以前から・あらかじめ」という意味があり、「予てより企画していた…」このような使い方をします。「予て」は「兼ねて」と表記することもあります。「兼」はふたつ以上のものを合わせることを意味するので、「お礼とご挨拶を兼ねて…」このような言い回しをします。「前もって」ということを伝えたいときには、「予て」と表記するのが一般的です。間隙=かんげき「間隙」は「かんげき」と読みます。間隙には「ものとものの間」「時間的な隙間」「気の緩み」「人間関係の隔たり」の4つの意味があります。漢字を入れ替えた「隙間」も同じような意味を持ちますが、物理的な切れ目や間隔を表す「隙間」に対して、「間隙」は物理的・時間・人間関係など、さまざまなものに使います。微妙なニュアンスの違いを覚えておきましょう。端ない=はしたない「端ない」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.