くらし情報『ロングセラー絵本作家・戸田幸四郎の個人美術館 戸田幸四郎絵本美術館が大規模リニューアル』

2021年12月24日 17:00

ロングセラー絵本作家・戸田幸四郎の個人美術館 戸田幸四郎絵本美術館が大規模リニューアル

『あいうえおえほん』をはじめとするロングセラー知育絵本、カード、木のおもちゃなどのデザイン・制作で知られる戸田デザイン研究室が運営する「戸田幸四郎絵本美術館」(静岡県・熱海市)。開館から24年を経て、大規模な展示替えを行い、2021年12月25日から新たな展示内容で皆さまをお待ちしております。

51歳でデザイナーから絵本作家に転向し、知育絵本の草分けと評されるとだこうしろう(戸田幸四郎 1931-2011)が残した原画や油絵、そして知育や自然に対する考えなど、作家の思いをより深く伝える館へと生まれ変わりました。

ロングセラー絵本作家・戸田幸四郎の個人美術館 戸田幸四郎絵本美術館が大規模リニューアル

戸田幸四郎絵本美術館

■とだこうしろう(戸田幸四郎 1931-2011)について
1931年、山形県尾花沢市に生まれる。農学校で学び、独学で様々なデザインを習得。
東京で店舗デザインやグラフィックなど商業デザイナーとして活躍したのち、1982年、51歳で絵本作家に転向。絵はもちろん、ひらがなまでデザインした『あいうえおえほん』を出版しました。

「子どもたちの学びには、まず心を動かすことが大切。」と言う信念のもと、その後も知育絵本の世界に高いデザイン性を取り入れた作品を生み出し、1990年に戸田デザイン研究室を設立。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.