恋愛情報『【お風呂を面倒くさがる】夫『入ったよ?』妻『じゃあなんで床が濡れてないの?』⇒夫婦間に起こりやすい「すれ違い」』

【お風呂を面倒くさがる】夫『入ったよ?』妻『じゃあなんで床が濡れてないの?』⇒夫婦間に起こりやすい「すれ違い」

結婚生活を送るうえで、夫婦の意思疎通は重要なことです。今回は、夫婦間に起こりやすい「すれ違い」を紹介します。金銭感覚の不一致お金の考え方には個人差があるものの、夫婦として共同にお金管理をする意識が必要です。不満や疑問があれば、冷静に話し合うことで解決につながります。察してと期待しがち同じ時間を共にするほど、自然と相手の考えを理解できると思いがちですが、それは誤解です。もちろん、長く一緒にいてわかることもありますが「伝えなきゃわからない」を基本に、お互いが心を開いて話すことが大切です。価値観の押しつけ一緒に生活する中で、相手の考えや価値観を受け入れることは重要です。しかし、どちらが自分の価値観を無理に押しつけたり、受け入れを強いたりすることはやめましょう。
お互いの価値観を尊重し合うことが良好な夫婦関係への一歩でしょう。「すれ違い」を防ぐためには?
【お風呂を面倒くさがる】夫『入ったよ?』妻『じゃあなんで床が濡れてないの?』⇒夫婦間に起こりやすい「すれ違い」
「夫はお風呂を面倒くさがります。ある日もお風呂に入った形跡がなく、夫を問い詰めると『入ったよ?』と言うのですが『じゃあなんで床が濡れてないの?』と聞くと逃げるように会社に行ってしまいました」(30代/女性)夫婦間でのすれ違いを防ぐためには、思いやりの心と、きちんとしたコミュニケーションが欠かせません。気持ちを言葉にして伝えることで、理解し合える関係が築かれるでしょう。(愛カツ編集部)

新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.