2013年10月1日 12:00|ウーマンエキサイト

彼と戻りたい…どのような行動をとればいい? 【心屋仁之助 塾】

小林威之
専門家 (心屋塾上級認定講師・心理カウンセラー)
小林威之
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
「ついけんかをしてしまうこと」、「つい傷つけてしまうこと」それは悪いことではないと思います。それだけBさんと彼との距離が近くなったということでもあります。

Bさんが彼と真剣に向き合ったからこそ、お互い傷つけ合ってしまうこともあれば、反対に喜びや楽しみも感じられ、距離を縮めることができたのです。そんな彼との過ごした時間を否定せず、「がんばったね」とまずは認めてあげてください。

Bさんのご相談内容の中に「もし彼と戻りたいと思うのならば、どのような行動をとればいいですか? 」という文言があり、私はそれが少し気になりました。もしかしたら、Bさんの行動の基準が、「正しい」か「間違っている」かというようになっていると感じました。

Bさんが彼とお付き合いをするためには「正しい」振る舞いをするべきと考えていらっしゃるのではないかと私は感じました。この「正しさ」が曲者だと思っています。Bさんの「正しさ」と彼の「正しさ」は必ずしも一致するわけではありません。

Bさんと彼の「正しさ」がぶつかる度にけんかになったり傷つけ合ったりしてしまいます。Bさんは彼と一緒にいるのが「好き」だからお付き合いをされたと思います。それが1年半経った後にどのように彼と接するのが「正しい」のか「間違っている」のかに変化しているように感じました。

彼の頭の中にある「正しさ」とBさんの言動や行動がすれ違うたびに彼と衝突し、どんどんBさんの自信が無くなっているのではないでしょうか。

まずはBさん自身の行動の基準を「正しい」「間違っている」ではなく「好き」「嫌い」にしてみてください。まずは普段の行動の中でBさんの「好き」「嫌い」を大事にしてください。例えば友達や同僚と一緒にランチで何を食べるか決めるときに相手の意見に合わせるのではなく、まずは自分の食べたいものを相手に伝える。そんな単純なところから少しずつやってみてください。

Bさん自身の行動の基準を「好き」「嫌い」に変えることで、自分にウソをつかなくなり自分を信頼することができるようになっていくでしょう。そしてBさんが彼のことを本当に「好き」なのであれば、彼とよりを戻すことができなかったとしても、彼の行動を尊重でき、今後出会う男性との恋愛につながるのではないかと思います。

【特集】
凍えたココロがほっこり温まる、心屋仁之助 塾

【質問募集】
心屋仁之助 塾 一門にお悩みを相談したい方はこちら
小林威之
小林威之の更新通知を受けよう!
確認中
小林威之
小林威之の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
小林威之
小林威之の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
小林威之
小林威之をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
小林威之
小林威之の更新通知が届きます!
フォロー中
小林威之
小林威之の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.