2014年3月20日 12:00|ウーマンエキサイト

彼とケンカ、頭に血がのぼってしまった時にとるべき行動【伝え方が9割】

内埜さくら
ライター (恋愛コラムニスト)
内埜さくら
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
50万部突破のべストセラー『伝え方が9割』の著者、佐々木圭一さんに、読者の皆様からのお悩みに解答していただくこのシリーズ。第8回目は、恋人にきつい言葉遣いをしてケンカしてしまった場合の対処法についてのご相談です。

彼とケンカ、頭に血がのぼってしまった時にとるべき行動【伝え方が9割】
■相談(あり・21歳)彼氏に素直になれず、ついきつい言い方をしてしまいます。言い方次第では丸く収まった話なのに……。きつい言い方を優しい言い方に言い換えて伝える方法を教えて下さい。

■回答きつい言い方を優しい言い方に変換する時のポイントは、「相手のことを想像した上で何と言うか」と考えることです。これはケンカした場合だけではなく、自分の気持ちを伝えるケース全てに当てはまります。

恋人とケンカをすると頭に血が昇って自分の思ったことをそのままぶつけてしまう人もいますが、きつい気持ちをそのまま言葉にすると、関係が破滅してしまうこともあります。さらに相手がその言葉にのせられて応戦してきてしまったら、建設的な話をすることすら難しくなってしまいます。

ですから常に、「こう伝えたら相手はどう思うか」と、相手を想像しながら言葉を選んでみて下さい。きつい言い方をしてしまう根本には、相手を責めたいという衝動よりも、もっと仲良くなりたいからという気持ちのほうが強いはずです。その根本に立ち戻って言葉を選びましょう。

内埜さくら
内埜さくらの更新通知を受けよう!
確認中
内埜さくら
内埜さくらの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
内埜さくら
内埜さくらの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
内埜さくら
内埜さくらをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
内埜さくら
内埜さくらの更新通知が届きます!
フォロー中
内埜さくら
内埜さくらの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.