2014年11月14日 17:00|ウーマンエキサイト

理想の相手は海外に? 今、国際婚活が大盛況【前編】

Sahyu
ライター
Sahyu
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
婚活という言葉が生まれたのは2008年のことだという。翌2009年には流行語大賞にもノミネートされ、今ではすっかり世に定着した。一方で、がんばって運命の相手を探していてもなかなか良縁に恵まれず、活動すること自体で消耗してしまう「婚活疲れ」という言葉ができるなど、今や「婚活市場は飽和状態」だという意見も囁かれるようになった。

理想の相手は海外に? 今、国際婚活が大盛況【前編】

画像:(c)TAGSTOCK2 - Fotolia.com


そんな中、一部の女性にとって活路となっているのが、「外国人との婚活」だという。今回、理想の相手を求めて日本国内にとどまらず出会いを探す、強者女子たちへのリサーチなどを通し、国境も飛び越えるほどの、その魅力に迫ってみた。

■ 国内の国際結婚事情厚生労働省の統計によると、2010年の国際結婚は約3万件。これは婚姻件数全体の約4.3%にのぼり、1980年の0.9%と比較すると大幅に増加しているそうだ。外国人男性との婚活を中心に活動しはじめて半年という33歳の女性によると、「国際結婚を支援する会社はいくつもあり、海外の男性との婚活パーティーも定期的に行われている」という。

確かに、インターネットなどで少し検索してみるだけでも、大手~外国人に特化した専門の会社までたくさんの情報が並んでおり、普通の婚活パーティーとそこまで大きな違いはないようだ。

■意外にも「おとなしめ」? 参加者のタイプとは「外国人の男性ばかりを狙う日本人女性」と聞くと、なんとなくイメージするのは派手目でクラブなどが好きで…というような、いわゆる「遊んでそうな」タイプではないだろうか。

Sahyu
Sahyuの更新通知を受けよう!
確認中
Sahyu
Sahyuの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
Sahyu
Sahyuの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
Sahyu
Sahyuをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
Sahyu
Sahyuの更新通知が届きます!
フォロー中
Sahyu
Sahyuの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.