2014年12月16日 10:00|ウーマンエキサイト

久しぶりの笑顔【自由が丘恋物語 〜winter version〜 第4話】

三松真由美
ライター (恋人・夫婦仲相談所 所長(すずね所長))
三松真由美
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
慎吾が桃香をバイト先に誘った? その時の鮎子と母のリアクションはそれこそ漫画チックだった。

久しぶりの笑顔【自由が丘恋物語 〜winter version〜 第4話】

画像:(c)milatas - Fotolia.com


鮎子はケーキのいちごをテーブルに落とし、鮎子の母はそそぎかけていた紅茶をソーサーの横にこぼした。そしてふたりで慎吾をじっと見つめて

「今、なんて言ったの? 慎ちゃん…」

と声をそろえた。

慎吾が恥ずかしがって部屋に向かって階段を駆け上がった瞬間、鮎子が堰を切ったように言った。

「桃香、慎吾と友達になってやって。慎吾があの事故以来、あんな言葉言ったの初めてよ。しかも、笑いながら。ねえおかあさん」

「そうね、おどろいたわ。久しぶりに慎ちゃんの笑顔を見たわ」

「鮎子、冗談言わないでよ。まわりがあまり気をつかいすぎるから心を閉ざしちゃったんじゃないの」

鮎子はウンウンと首を縦に振りながら

「たしかにね、サッカーの話題は絶対禁句って思ってた。事故でサッカー選手の夢を断たれたんだもん。それからは、就職関係の話もできなくなっちゃって」

桃香は紅茶をコクンと飲んでテーブルの上に飾ってある小さなスズランの花を指で撫でた。

「試合に出れなくてもサッカー関連の仕事すればって思うんだけどな。スポーツショップに勤めるとか。好きなことと寄り添えていいんじゃないのかなあ。走れないと辛いのかな?」

鮎子は身を乗り出して

三松真由美
三松真由美の更新通知を受けよう!
確認中
三松真由美
三松真由美の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
三松真由美
三松真由美の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
三松真由美
三松真由美をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
三松真由美
三松真由美の更新通知が届きます!
フォロー中
三松真由美
三松真由美の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.