美人じゃなくてもモテる女性が実行していること【後編】

2014年12月27日 16:00
 

内埜さくら ライター
内埜さくら

前編では「会話・表情・言葉遣い」の3点において、美人じゃなくてもモテる女性が実行していることをお伝えしました。引き続き後編でも、そんな彼女たちが実行している残りの3つをご紹介します。

美人じゃなくてもモテる女性が実行していること【後編】
■常に「明るくて優しい自分」でいるよう努めている美人ではないからといって卑屈になりすぎず、「だって私なんか…」という、自己をマイナス評価するような表現はしない。美人ではなくてもモテる女性は、こうした自分であるよう日頃から訓練し、「明るくて優しい自分」でいるよう努めているものです。

モテる女性は、男性が女性に求めていることが、“いつも情緒が安定していて、一緒にいると癒やされてくつろげる”ことだと、本能的な嗅覚で察知できています。ただし、こういった自分であるためには、無理をしすぎないことが前提です。無理をして作り込みすぎると、周りがケアしてあげなければならなくなり逆効果になってしまいます。

■美人ではないと自覚したうえでキレイになる努力をしている髪や肌がボロボロの美人と、見た目は美形とは言えないけれど髪と肌が美しい女性。男性はどちらにひかれるかといえば、後者です。以前、“雰囲気イケメン”という言葉がさまざまなサイトで頻繁に使われていましたが、髪や肌を美しく保つことで、“雰囲気美人”になることが可能なのです。同性のわたしたちも、髪や肌が美しい女性には目を奪われるのではないでしょうか。それは男性も同じということです。


新着まとめ
もっと見る
夜オンナの記事(外部サイト)

ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.