2015年8月20日 18:00|ウーマンエキサイト

既読スルーより切ないもの【彼氏の顔が覚えられません 第41話】

平原 学
ライター (作家、コラム・レビューライター、ラッパー)
平原 学
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
男と女はなにをもって「恋人になった」というのが正解なんだろう。ネットで調べたりした。告白してから、デートして手をつないでから、キスしてから、体を重ねてから…etc.統計データもいろいろ出てきた。

既読スルーより切ないもの【彼氏の顔が覚えられません 第41話】

(c) GTeam- Fotolia.com



よくよく考えたら、どれも正解と言えない。あくまでそれぞれの尺度でしかないんじゃないか。ただイズミと付き合い始めたのは、自分の尺度の中でも微妙な感じに思えたのは確かだ。

「きょうから、俺、タニムラカズヤと、ヤマナシイズミは、恋人同士。で、OK?」

去年の9月下旬ごろ。あんなにテキトーな告白の仕方をしたのは賭けだった。何せ、タナカ先輩による一世一代の公開告白すら簡単に断ったイズミだ。並大抵の告白の仕方じゃ無理だろうとは思っていた。

「でもあなた、“退学までもう秒読みらしいわよ”」

結果、「ギャグ」と受け取られてしまった。賭けに負けたと思ったが、諦めが悪い俺。ならばこちらも、と、ギャグのフリして頬にキスをお見舞いした。それをイズミは、嫌がらなかった。

ただ、受け入れてくれたんじゃなくて、何も動じなかったというだけかもしれない。クリスマスに唇を重ねたときも、顔を真っ赤にしながら、照れているような、怯えているような、そのどっちともとれない微妙な表情をしていた。

それは、嫌がっていると言ってもいいくらいだ。

何も色気のないネットカフェだもんな。ファーストキスはもっとロマンチックな場所がよかったに違いない。実際どうかは訊かなかったが。「嫌だ」と言われるのは怖かった。

俺がどんな顔をしているか、イズミはわからない。顔が覚えられないどころか、表情というものを読みとる能力すら欠如しているのだ。

だったら、俺だってイズミの顔色を気にする必要はない…なんて、イジワルなことを考えてしまう。本当は嫌がっているかもしれないのに、なにも動じないでいるイズミを、俺自身も見て見ぬフリしてしまった。

***
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
確認中
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
平原 学
平原 学をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
平原 学
平原 学の更新通知が届きます!
フォロー中
平原 学
平原 学の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.