2016年4月21日 05:00|ウーマンエキサイト

女性のデートDVが増加中? 何気ないことでも、相手を傷つけてしまう言動とは

片瀬 萩乃
ライター (恋愛作家)
片瀬 萩乃
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
こんにちは、恋愛作家の片瀬です。

目次

・「女は弱い」は間違い!?
・束縛は愛のカタチではない
・「あなたって○○」が増えると要注意!

夫婦喧嘩をする男女

© beeboys - Fotolia.com


昔に比べると、パートナーに対してハッキリと意志を伝えられる女性が増えたと思います。カップルにしても夫婦にしても、性別の違いで優劣の決まる関係ではないことを、お互いが理解しているからかもしれませんね。

それにともなうように、男性より強い女性も増えています。
実は少し前にある男性からメール相談がきました。その内容が「これってデートDVですか?」というもの。
「男性より強い」と聞くと、特殊な女性を想像するかもしれませんが、決して特別な事例ではないのです。

そこで今回は、女性からのデートDVで多い、相手を傷つけてしまう言動についてお話ししたいと思います。

■「女は弱い」は間違い!?

性別による体格の違いから、力で女性が男性に勝てることは少ないです。しかし、こうした「女性は男性より力が弱い」という考え女性がデートDVをする原因のひとつになっていると考えられます。

「男のほうが強いんだから、手を出されたって耐えられるでしょ!」
実はこれ、さきほどの相談をくれた男性が言われ続けていた言葉だそうです。

そのとき、彼は「手を出す女性のどこが弱いんだろう…」と疑問に思いながらも、反撃することはありませんでした。
反撃しなかったのは、彼が弱いからではなく「弱い相手に手を出してはいけない」という考えを、無意識に植えつけられていたのかもしれません。

「女性は弱いんだから」という考えは、暴力をふるっても良い免罪符にはなりません。
そして何よりも、男女関係なく、力で相手をねじ伏せるのは「愛」ではなく単なる「支配」です。

■束縛は愛のカタチではない

束縛することを愛情表現だと勘違いしている人がいます。
ハッキリ言えば、それは愛情表現ではありません!

好きな人を独占したい、ほかの人にとられるのが怖い。
これは好きな人がいるときに抱く、ごく自然な感情です。しかし、それで相手を縛りつけるのは、愛情とは言えません。
片瀬 萩乃
片瀬 萩乃の更新通知を受けよう!
確認中
片瀬 萩乃
片瀬 萩乃の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
片瀬 萩乃
片瀬 萩乃の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
片瀬 萩乃
片瀬 萩乃をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
片瀬 萩乃
片瀬 萩乃の更新通知が届きます!
フォロー中
片瀬 萩乃
片瀬 萩乃の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.