恋愛情報『朝日を浴びて痩せ体質に!ダイエットホルモン「セロトニン」とは』

2015年4月3日 18:56

朝日を浴びて痩せ体質に!ダイエットホルモン「セロトニン」とは

朝日を浴びて痩せ体質に!ダイエットホルモン「セロトニン」とは


朝日を浴びることで幸せ元気ホルモン「セロトニン」の分泌が始まります。このセロトニン、実はダイエットホルモンでもあり、セロトニンが多い人は活動的で痩せているんです。
朝日を浴びるだけで痩せられるなんてラッキーですよね。
今回は、そんなセロトニンとダイエットの関係についてご紹介いたします。

■生体リズムを知る

「昼に活動し、夜は眠る」というリズムを「サーカディアン・リズム(概日リズム)」といい、規則正しい生活を繰り返すことで健康が保たれます。
日中、太陽の光を浴びると多くのセロトニンが作られ、それと同量のメラトニン(眠りのホルモン)が作られます。つまり、規則正しい生活をすることで、元気で痩せやすく、夜は自然と眠れる体質になれるというわけです。

■「光」がセロトニン分泌のスイッチ

健康を維持し、痩せやすい体質になるために重要なセロトニン。光を浴びると多くのセロトニンが作られると先程述べたとおり、「視交叉上核」という目の奥の神経核が光を感知することで、セロトニン分泌のスイッチが入ります。

夜勤の仕事をされている方は、必ずしも朝日である必要はありません。意識的に光を浴びて、セロトニンのスイッチを入れるようにしましょう。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.