恋愛情報『「どうせ私なんか・・・・・・」が口癖の人へ。自己否定と謙遜は違います』

「どうせ私なんか・・・・・・」が口癖の人へ。自己否定と謙遜は違います

2018年4月12日 11:00
 

目次

・最初から恋愛を諦めてしまっているパターン
・実はそこそこの恋愛経験があるパターン
・愛されたいなら自己否定はやめるべき!
・おわりに
「どうせ私なんか・・・・・・」が口癖の人へ。自己否定と謙遜は違います


「どうせ私なんか」が口癖の女性になっている女性はいませんか?聞いているほうも何だかブルーになってしまうこの言葉。一見「自分に自信がないだけ」と一括りにされてしまいそうですが、実はこんな自己否定を繰り返す人って、2パターンに分かれるのではないかと思います。

■最初から恋愛を諦めてしまっているパターン

まずは「どうせ私なんか、誰からも好きになってもらえないし・・・・・・」と、何もしないまま恋愛を諦めてしまっているパターン。自分は気になる彼にアプローチもしないのに、「あの子はかわいいから彼氏ができるんだ」「所詮見た目が大事なんでしょ」などと、勝手に決めつけてしまう人もいます。

でもそういうひねくれた内面って、表ににじみ出るもの。結果、男性からますます「あの子って暗いオーラが漂っているよね」と察知され、敬遠されてしまうのです。

■実はそこそこの恋愛経験があるパターン

今度は逆で、そこそこモテてきた(または恋愛経験がある)タイプ。好きな人や気になっていた人と付き合えたのにもかかわらず、いろいろとうまくいかなかったトラウマから(たとえばデートに失敗してしまったとか、些細なケンカから別れることになってしまったとか・・・・・・)

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.