恋愛情報『「好き」よりもキスよりも心に響く。「名もなき愛情表現」で彼ともっと仲良くなろう!』

2018年12月8日 20:20

「好き」よりもキスよりも心に響く。「名もなき愛情表現」で彼ともっと仲良くなろう!

目次

・■彼のいないところで「彼氏の大切さ」をアピールする
・■待ち受けで「あなたが好き」を表現する
・■相手を思っての行動は、自分から言わない
・■おわりに:態度や行動で伝える「好き」でもっとラブラブに
「好き」よりもキスよりも心に響く。「名もなき愛情表現」で彼ともっと仲良くなろう!


どうもあかりです。今回は「好き」と言ったり、キスをしたりするような「目に見える」愛情表現ではなく、うまく名前をつけられない「名もなき愛情表現」の話をします。

そのきっかけが、この家事の話。

「名もなき家事」がキツイ。旦那は洗濯と掃除を担当で、「俺は家事を半分やってんだ!」って得意になってるけど、実際にはちょっとしたゴミを拾う、テーブルの汚れを拭き取る・・・・・・といった細々とした家事が毎日たくさんある。しかもそれをいくらやっても、がんばりは認めてもらえない。

というもの。こういった「目に見えない」「名前のない」ものって、日常にはたくさんあるのに気づきにくい。でも、心には大きな影響を与えるから、気づくことで良い方に転ぶ。

これを愛情表現にも当てはると、冒頭に話したようなことにつながります。つまり「目に見える」愛情表現よりも、彼の心のズシンと響く「名もなき愛情表現」を実践しませんか?と言いたい。

前置きが長くなったけど、さっそく3つの方法を見ていきましょう。

■■彼のいないところで「彼氏の大切さ」をアピールする

彼が、あなたのいないところでノロけていたという話を誰かから聞き、とても嬉しくなった経験はありませんか?残念ながらないとしても、その嬉しさは簡単に想像がつくと思います。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.