恋愛情報『キスマークの簡単な付け方とコツ!相手が困らないつける場所も紹介』

2019年9月7日 10:00

キスマークの簡単な付け方とコツ!相手が困らないつける場所も紹介

目次

・キスマークって?
・内出血でできるあざ
・愛情表現の一つとされる
・キスマークをつける男性の心理
・独占欲や支配欲の現れ
・相手が困るのや怒るのを見たい
・キスマークを簡単につけるコツは?
・つけやすい場所を把握しておく
・唇を少し濡らす
・唇をすぼめる
・一ヵ所を強く吸う
・何度か繰り返す
・少し甘噛みする
・キスマークを上手につけるには?
・セルフキスマークで練習する
・キスマークの付け方動画をみる
・唇を使ったキスマークの付け方
・髪や自分の腕で練習してみる
・口紅を塗った状態で唇を前に突き出す
・キスマークをつけるのにおすすめの場所
・腕の見えにくい部分
・お腹や胸など見えにくい部分
・キスマークを簡単に消すには?
・ファンデーションやコンシーラーで隠す
・温めたり冷やしたりを繰り返す
・くしや歯ブラシで優しくなぞる
・絆創膏で隠す
・愛の印キスマークは相手のことを考えてつけよう
キスマークの簡単な付け方とコツ!相手が困らないつける場所も紹介


愛情の証であるキスマーク。キスマークを彼からつけられるのもいいけど、自分からもつけてみたい!と興味を抱いている女性も多いのではないでしょうか。

キスマークの付け方は一見簡単そうに見えますが、意外と難しいものです。キスマークってどうやってつけるの?

キスマークを上手につけるにはどうしたらいいの?そんなお悩みを抱えているみなさんに向けて、今回はキスマークの付け方のコツをご紹介していきます。キスマークをつけるのにおすすめの場所や、キスマークの消し方も合わせてチェックしていきましょう!

■キスマークって?

キスマークの簡単な付け方とコツ!相手が困らないつける場所も紹介


キスマークと聞いて思い浮かぶのは、虫刺されのような赤い跡ではないでしょうか。そのキスマークが一体どういう原理でつくのか、考えたことはありますか?

まずはじめに、そもそもキスマークって何?というところからお伝えしていきます。

■内出血でできるあざ

キスマークとは、吸引による内出血によってできたあざのことをさします。医学的には「吸引性皮下出血」と呼ばれ、軽い怪我という扱いになっています。

何かに手や足を強くぶつけたとき、青あざができたりしますよね。キスマークをつけるときの原理も、この青あざと同様です。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.